格安SIMキャリアで実施中のキャンペーン一覧(随時更新)

LINEモバイルならLINEやSNSを速度制限気にせずおもいっきり利用できる

格安SIM

LINE、TwitterやInstagramなどのSNSをよく利用する人が格安SIMを検討する際、データ容量が少ないとそれをすべて使い切ってしまう恐れがあるため、速度制限がかからないか心配ではないでしょうか。

主要SNSのデータ通信量を消費しない「LINEモバイル」は、速度制限を気にせずスマホを利用できるとても魅力的な格安SIMキャリアです。

docomoとSoftbankの回線に対応しているので、住んでいる地域や利用したいスマホによって、回線を選んだり、変更も容易にできるのも魅力的なところ。

今回は、そんなLINEモバイルの特徴、申し込みする上で確認しておきたいポイント、メリットやデメリット、どんな人におすすめなのかを徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク

LINEモバイルはデータ消費ゼロでSNSヘビーユーザーにおすすめ

LINEモバイルは月々500円〜利用できる格安SIMキャリアで、なんといってもLINEや主要SNSのデータ通信量が消費されないのは、SNSヘビーユーザーにとってはうれしいところ。

他キャリアと違って、設定のオン/オフも必要ないので気にせず簡単に利用できます!

また、docomoとSoftbankの2つの回線に対応しており、SIMフリースマホはもちろんのこと、docomoと契約しているスマホならSIMロック解除をすることなくdocomo回線が、SoftbankならSoftbank回線でそのまま利用できます。

その他、余ったデータ通信量を家族や友だちとシェアできたり、利用料に応じてLINEポイントが貯まり、毎月の支払いやスタンプの購入やAmazonギフト券に交換できます。

また、格安SIMキャリアでは唯一、LINEの年齢認証に対応しているので、ID検索が可能です。

料金プランについて

LINEモバイルには3種類の料金プランがありますが、データ消費がゼロになるデータフリーがついている「コミュニケーションフリープラン」を紹介します。

データ容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

なお、データSIMは音声通話がついていないので、スマホに通話アプリをインストールしても利用はできません。

また、音声通話SIMプランのみ、利用開始日の翌月から12ヶ月目の末日までに、解約、もしくはMNP転出した場合は、9,800円の解約手数料が発生します。

もし、料金プランでお悩みの場合は、料金シュミレーターを利用しましょう。

チャット感覚で現在の携帯電話料金とかんたんに比較でき、おすすめのプランも提案してくれますよ。

ためしに、下記の条件でシュミレーションしてみました。

  • 毎月の携帯電話料金が10,000円以上
  • LINE MUSICは利用しない
  • TwitterやFacebook、Instagramをよく利用する
  • 音声通話は利用する
  • YouTubeはたまに見る

なんと、1年間で93,360円もお得に!ちなみに、コミュニケーションフリープランの5GBがおすすめとのこと。

どのくらいお得になるのか、ためしにシュミレーションしてみませんか?

データフリーでSNS無料!

おすすめポイントやメリット・デメリット

料金について分かったところで、次は、LINEモバイルのおすすめポイントやメリット・デメリットを紹介したいと思います。

LINEモバイルのおすすめポイントはこちら

  • データフリーでLINEや主要SNSのデータ通信量ゼロ
  • 月額利用料に応じてLINEポイントが貯まる
  • docomo/Softbank回線の切り替えが可能

SNSをおもいっきり使えるデータフリー

まずは、なんといってもデータフリーですね!

LINE、Twitter、FacebookとInstagramがデータ通信量がカウントされず、データ容量を使い切ったとしても通信速度が落ちることなく、快適に利用できます。

データフリーの対象は、LINEであればメッセージや音声通話(ビデオ通話含む)など、Instagramであればタイムラインの表示、画像や動画投稿などが含まれます。

普段利用している機能のほとんどがカウントされないのはうれしいところ。

データ通信量の消費がないおかげで、3GBであってもけっこう利用できますね!

LINEポイントでスタンプやAmazonギフト券と交換

月額基本利用料の1%分がLINEポイントとして貯まり、いろんな用途で使えます。

  • 携帯電話料金の支払い
  • LINEスタンプなどの購入
  • Amazonギフト券に交換
  • LINE Pay残高に交換

携帯電話料金を支払うだけで、スタンプの購入やAmazonギフト券に交換できるので、一石二鳥に!

docomo/Softbank回線の切り替えも自由に

音声通話SIMは、スマホ本体が変更する回線に対応していると、契約期間、電話番号やスマホはそのままに手数料の3,000円を支払えば、回線を変更することができます。

実際に利用してみて、使っているエリアでは電波が悪いなと思ったらマイページから簡単に変更できるのもいいところ。なお、同月内では1回しか変更はできません。

また、docomoで購入したスマホを利用していて、Softbank回線に変更する場合は、SIMロック解除が必要になります。

LINEモバイルのメリット・デメリット

次に、LINEモバイルのメリット・デメリットをご紹介します。

まずは、メリットについて

  1. LINEや主要SNSのデータ通信量がゼロ
  2. 月々の支払いでLINEポイントが貯まる
  3. データ通信量を家族や友だちとシェアできる
  4. 回線をdocomoかSoftbankから選べる
  5. LINEの年齢認証に対応

次に、あえてデメリットをあげるとするならば、こちらでしょうか。

  1. 実店舗が170店舗と他社と比較して少ない
  2. 独自メールの提供なし
  3. 口座振替が利用できない

LINEモバイルといえば、なんといってもデータフリーが魅力で、データ容量や速度制限を気にせず利用したい人には、最適な格安SIMキャリアです。

また、月々の支払いでLINEポイントが貯まるので、普通に利用しているだけでお得になるのもいい。

まとめると、LINEモバイルを利用するのにおすすめなのはこんな人です!

こんな人におすすめ!
  • 速度制限を気にせずSNSを利用したい
  • LINEスタンプをお得に購入したい
  • ID検索を利用したい
  • docomoとSoftbankから回線を選びたい

まとめ

docomoとSoftbank回線を利用でき、速度制限を気にせずSNSもおもいっきり利用できるLINEモバイルを、料金、特徴やメリットとデメリットを比較しながら紹介しました。

今やコミュニケーションツールとして欠かせない存在になったLINEやSNSのデータ通信量がかからないのは、格安SIMを選ぶ上重要なポイントですよね。

格安SIMキャリアを選ぶ上でぜひ参考にしてみてください!

この記事に出てくるデータは2018年10月18日現在のものです。
タイトルとURLをコピーしました