格安SIMキャリアで実施中のキャンペーン一覧(随時更新)

LinksMateは40種類以上のスマホゲームの通信量がおトクになる唯一の格安SIMキャリア

格安SIM

最近ではスマホの性能も向上し、スマホゲームもクオリティが高くなっています。

しかし、その分だけデータ通信量が多くなり、ゲームのやり過ぎで毎月のように速度制限にかかっている、という人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのがゲームを楽しむ人のために生まれた格安SIMキャリア「LinksMate」です。

LinksMateのカウントフリーオプションを使えば、40種類以上のゲームがデータ通信量を気にすることなくプレイ可能。LinksMateだけの特典がもらえることもあるので、ほかの格安SIMキャリアよりおトクにゲームを楽しむことができます。

今回は、そんなLinksMateの特徴や料金プラン、メリット・デメリットについてくわしく解説します。

スポンサーリンク

LinksMateが現在開催しているキャンペーン

ビデオマーケットカウントフリーオプション対象追加記念キャンぺーン

カウントフリーオプションの対象に「ビデオマーケット」が追加されたことを記念して、対象期間中にキャンペーンページに記載のクーポンを利用すると、ビデオマーケットの月額利用料が初月無料になり、さらにビデオマーケット内で利用できる2,000ポイントがもらえます。

映画やドラマが好きな方はぜひキャンペーンを利用しておトクに視聴しましょう。

春の新生活応援キャンペーン

LinksMateでは、期間中に新規のお申し込みもしくは、すでにご契約中の方を対象に、4つのおトクなキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの内容はこちら

  • 100MB追加容量チケットを20枚(合計2GB)プレゼント
  • 初期決済費用分相当のLP(リンクスポイント)が20人に1人キャッシュバック、または10人に1人に500LP(新規申し込みの方のみ)
  • HTC U12+とHUAWEI MediaPad T5が特別価格に

さらに、LinksMateの公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーン対象のツイートをリツイートした方から抽選で合計30名に3,000円分のAmazonギフト券、Google PlayギフトカードかApp Store &iTunesギフトカードのいずれかがもらえます。

抽選の受付期間は全部で6回

  • 第1回 2019年3月22日〜3月29日23時59分まで
  • 第2回 2019年3月30日0時0分〜4月6日23時59分まで
  • 第3回 2019年4月7日0時0分〜4月14日23時59分まで
  • 第4回 2019年4月15日0時0分〜4月22日23時59分まで
  • 第5回 2019年4月23日0時0分〜4月30日23時59分まで
  • 第6回 2019年5月1日0時0分〜5月8日23時59分まで

LinksMateなら通信制限を気にせず40種類以上のゲームが遊び放題

カウントフリーオプションについて | リンクスメイト -LinksMate-

LinksMateの最大の特徴は、月額500円で対象ゲームのデータ通信量をほとんど消費しない「カウントフリーオプション」が使えることです。カウントフリーオプションを利用すれば対象のゲームのデータ通信量は、90%以上カットされます。

しかも、低速状態の場合でも対象のゲームは高速通信なので、データ通信量を気にせず楽しむことができます。

2019年3月19日現在、カウントフリー対象となっているゲームは「アイドルマスター シンデレラガールズ」や「グランブルーファンター」「シャドウバース」「みんゴル」など、全部で48種類もあります。

対象となるゲームは随時追加されていくので、今後も楽しみですね。

SNSや動画サービスもカウントフリーになる

LinksMateのカウントフリーオプションは、ゲームだけでなく動画や攻略サイトといったコンテンツやSNSも対象になっています。

 対象サービス
コンテンツ
  • AbemaTV
  • AWA
  • enza
  • OPENREC.tv
  • グランブルーファンタジー スカイコンパス
  • GameWith
  • サイコミ
  • 読書のお時間です
  • niconico
  • Video Market
  • ファミ通.com
  • FRESH LIVE
  • Mirrativ
  • Lobi
  • App Store※
  • Google Play※
SNS
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

※カウントフリー対象アプリのダウンロード、アップデート、決済に関するもののみ

対象ゲームのプレイだけでなく、

  • ゲームの動画を見る
  • 攻略情報を調べる
  • アプリをアップデートする

といった用途もデータ通信量を気にしないで利用できますね。

ゲーム連携によって特典がもらえるゲームもある

ゲーム連携・特典の詳細 | リンクスメイト -LinksMate-

LinksMateのカウントフリーオプションの対象になっているゲームの中には、LinksMateと連携することで特典がもらえるゲームもあります。

2019年3月19日時点では、以下の4つが連携特典の対象ゲームです。

  • グランブルーファンタジー
  • シャドウバース
  • プリンセスコネクト!Re:Dive
  • エレメンタルストーリー

連携時にアイテムがもらえるほか、5GB以上のプランであれば利用特典が毎月もらえます。さらに10GB以上のプランを契約すると毎月「スター」がひとつもらえ、スターが6個貯まると「スタープレゼント」がもらえます。

LinksMateを利用するだけで、ガチャチケットやゲーム内通貨など、ゲームを有利に進められるアイテムがもらえるのでスマホゲーム好きにはかなりおトクな格安SIMキャリアです。

LinksMateの料金プランについて

続いて、LinksMateの料金プランを見ていきましょう。

LinksMateでは、全部で5種類の料金プランが用意されています。全体的に月額料金が安く、とくに1GBプランは業界最安値クラスです。

データ容量データ+SMSデータ+SMS+音声通話機能
1GB500円1,100円
5GB1,500円2,100円
10GB2,500円3,100円
20GB4,200円4,800円
30GB5,400円6,000円

主要な格安SIMキャリアの1GBプランと比べてみました。比較すると、LinksMateが一番安いですね。

格安SIMキャリアデータ+SMSデータ+SMS+音声通話機能
LinksMate500円1,100円
BIGLOBEモバイルなし1,400円
DMMモバイル630円1,260円
LINEモバイル620円1,200円
DTI SIM 750円1,200円
イオンモバイル620円1,280円
エキサイトモバイル 800円1,360円

すこしでも安くスマホを使いたいという人にもLinksMateはおすすめの格安SIMキャリアです。

追加容量チケットでデータ通信量を調節しやすい

追加容量チケットについて | リンクスメイト -LinksMate-

LinksMateの料金プランは5種類と少ないですが、「追加容量チケットオプション」を活用することで自分に合った料金プランを作ることも可能です。

追加容量チケットは、データ通信量を使い切った際に自動で1GBの容量が追加されるチケットです。追加容量チケットオプションに加入すると、毎月の決済時に以下の追加容量チケットがもらえます。

オプション名毎月もらえる枚数月額料金
追加容量チケットオプション(2枚)2枚500円
追加容量チケットオプション(10枚)10枚2,000円

2枚オプションなら1GBあたり250円、10枚オプションなら1GBあたり200円で追加できます。他社だと1GBで500円以上することがほとんどなのでかなり安いのでは。

追加容量チケットは有効期限が180日とかなり長いので、いつの間にか有効期限が切れて無駄になった、ということも起こりにくいでしょう。

LP払い利用でクレジットカードなしでも申し込める

LPについて | リンクスメイト -LinksMate-

一般的な格安SIMはクレジットカード払いしかできないところが多いですが、LinksMateはクレジットカード払い以外にも、「LP払い」という独自の支払い方法を利用できます。

LPとは「LinksPoint」の略で、LinksMateが独自に展開しているポイントサービスです。WebMoney決済やコンビニ決済、銀行決済で購入することができ、1ポイント=1円としてLinksMateの月額料金の支払いに使うことができます。

つまり、LP払いを利用すればクレジットカードを持っていない人でもLinksMateを利用することが可能です。

クレジットカードなしで契約できる格安SIMは6つしかないので、カードを持っていない、利用したくない方にとってはおすすめの格安SIMキャリアですね。

LinksMateのメリット・デメリット

ここからはLinksMateのメリット・デメリットを見ていきましょう。

LinksMateのメリット

まずはLinksMateのメリットです。

  • 60種類以上のゲームなどがカウントフリーでデータ通信量をほとんど消費しない
  • ゲーム連携で特典がもらえるゲームがある
  • 月額料金はほかの格安SIMキャリアと比較しても安い
  • LP払いを使えばクレジットカードなしで契約できる
  • 音声通話SIMに最低利用期間がない

カウントフリーやゲーム連携など、対象のゲームをプレイする人にはメリットが多い格安SIMキャリア。

もちろん月額料金が安かったり、クレジットカードなくても利用できたりと、ゲームをプレイしない人にもたくさんのメリットがあります。

LinksMateのデメリット

続いて、LinksMateのデメリットを見ていきましょう。

  • スマホセットは割高
  • 最低利用期間がない代わりに解約時に3000円の手数料がかかる

LinksMateではスマホとのセットでの販売も取り扱っています。

しかし、いずれも販売価格が他社と比べると割高です。これならSIMカード単体を契約し、別途SIMフリースマホを購入するほうがいいでしょう。

また、LinksMateは音声通話SIMでも最低利用期間がない珍しい格安SIMキャリアですが、代わりに解約時に「SIMカード削除事務手数料」として3,000円かかります。

一般的な格安SIMキャリアなら1年以上使えば違約金がかかりませんが、LinksMateの場合はどれだけ使っても解約時に手数料がかかるのでその点は気を付けましょう。

まとめ

LinksMateの特徴や料金、メリット・デメリットを紹介しました。

LinksMateは、40種類以上のゲームがデータ通信量をほとんど消費しなくなる「カウントフリーオプション」が利用できるのが特徴です。

対象のゲームを頻繁にプレイするという人ならLinksMateにすればデータ通信量を気にせずゲームができますし、容量の少ないプランにすることで毎月のスマホ代を大幅に下げることもできます。

普段からスマホでゲームを頻繁にプレイするという人は、LinksMateを検討してみてください。

この記事を書いた人
吾妻和希

スマホが専門のフリーライター。5年以上に渡って15種類以上の格安SIMを利用し、その経験をもとに格安SIMやSIMフリースマホに関する記事をメインに執筆

吾妻和希をフォローする
タイトルとURLをコピーしました